今回、レビュー・紹介するのは、なんと「今更感」が満載ですが、ASUSから発売されているGoogle謹製タブレット『Nexus7 2012年モデル』

「えっ?なんで今更?」

と思った方!ちゃんと理由がありますよ。(理由は後ほど)

わたしは、つい先日(2014年1月)に買いました。
買うまでは
「2013年モデルのNexus7が発売されているし、スペック落ち感があるよな…」
とちょっと迷っていて、スペック落ちの不安もあったのですが、

「本当に買って良かった!」

と感じました。

買ってよかった理由とは?

nexus7-2012_0

まず、用途が「Web閲覧、電子書籍、メール等を外出先で見る」ことでした。そして、この用途でサクサク動くことが、わたしが一番求めているものでした。

「最新機種と比べれば相当スペック落ち感が…」と思っていたのですが、使用してみて驚くことに、かなりサクサク動作します。

この「サクサク動く」ことが買って良かった理由です。2012年モデルは一年以上前の型落ちですもん。この「型落ち」という不安事項から、一気に開放してくれました。

なぜ2012年モデルに行き着いたのか?比較したタブレットは?

もともとは、『iPad mini Ratina』を買う予定でした。しかし、ネットで評判を調べていたら、液晶のムラが酷いということが発覚。かなりの確率でムラがあるみたいなので見送ることに。せっかく買ったのにムラに当たったらガッカリなので…

iPad mini Ratinaの次の候補は『Nexus7 2013年モデル』。けど、値段が微妙に高い…と感じます。2012年モデルが発売時期による円高でかなり安かった印象があるので、なおさら2013年モデルは高く感じてしまいます。

で、Amazonで目に止まったのが、『Nexus7 2012年モデル』 32GB。値段が16,800円。 【追記】さらに金額が下がったみたいです。14,800円!

「安い!!」

確か発売当時は、2万円を超えていたはずです。そこで急遽、タブレット探しの候補に入ったわけです。

最終的に、色々なタブレットと比較した結果、「コスパが一番良い」と感じて購入に至りました!

比較したタブレットは?

比較したタブレットは、同じ金額帯か、同じようなスペックの下記のものです。

  • ASUS MeMO Pad HD 7
  • ASUS MeMO Pad 8
  • Nexus7 2013年モデル
  • Nexus7 2012年モデル
  • iPad mini Retina

Nexus7も含めて、すべてASUSの製品ですね!

比較検討してみた!

iPad mini Retina、Nexus7 2013年モデルを除いて、次にNexus7 2012年モデルと比較対象の候補に上がったのが『MeMO Pad 8』。なんせ用途がインターネット、電子書籍などなので、8インチが一番使い勝手がよさそうです。

ただし、弱点は8インチで1280☓800の解像度。これは『Nexus7 2012年モデル』『MeMO Pad HD 7』と同じ解像度。1インチ、大きくなったのに解像度が変わらない。ブラウザや電子書籍などで「文字がジャギるのでは…」と思いました。それは、避けたい。文字を読むために買うのに読みにくいのは、「さすがに……」となります。そして、金額が『Nexus7 2012モデル』と比べても高い。

更に一番の問題点として、『MeMO Pad 8』『MeMO Pad HD 7』は、「メモリが1GB」で「Android4.4」のアップデートが来ていないこと。『Nexus7』もメモリは1GBですが、「Android4.4へのアップデートが可能」というのが最大のメリット。

低性能端末も動作できるようにメモリの使用を軽量化しているOSがAndroid4.4です。Android4.4は、メモリ使用量が少なくて済むのでメモリが1GBでも快適に動作してくれます。

そして、現時点(2014/01)ではAndorid4.4は『Nexus7』のみ。2012年モデルでも、「快適に」そして何より「コスパが良く使える」と思い購入しまし た。

使ってみてどうなの?

Andorid4.4.2にアップデートして使ってみたところ、メモリ消費量も少なく、 非常に良くサクサク動きました。正直なところ、「少し動作がモッサリするのでは…」と思っていたので、かなり満足度が高いです。

メモリ消費量も約半分(500MB)ぐらいで収まっています。メモリが「2GBないと足りなくなるやろ…」と思っていたので、一安心です。

Google謹製の端末なので、余計なアプリなども入っていないことがメモリの消費も抑えているんだと思います。

インターネット、電子書籍ぐらいの用途では、スペック落ちどころかスペック高に感じました!Retinaディスプレイまで綺麗じゃないですが、文字も潰れることなく、見やすいと思います。

まとめ

型落ちということで、「格安な金額」で売られているNexus7 2012年モデル。
格安でもスペック落ちどころか、

「まだまだ現役で使える!!!」

と感じさせてくれました。
現時点(2014/01)では、

コストパフォーマンスが最高に良いタブレット

となっています。
2013年モデル買うぐらいなら2012年モデルで全然満足できる一品でした!

ASUS Nexus 7 (2012) TABLET / ブラウン ( Android 4.1 / 7inch / NVIDIA Tegra3 / 1G / 32G / BT3 ) NEXUS7-32G

Amazonで一緒にこのケースも買いましたが、きっちりと保護してくれて、コスパも良いです!

Google Nexus 7 レザーケース  (ブラック)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る