今回、紹介・レビューするのはPanasonicから発売されているカメラ『Lumix GX1』です。

一眼レフを所有しているのでサブ機として購入しましたが、こちらの方が出番が多くなりました。このブログの写真を取ったり出かけるときに持ち歩いています。GX2の発売の噂もありますが、満足度のかなり高い機種なので紹介します。

どうしてこのカメラを買ったのか?

私自身は、カメラにそれなりに興味があって、CANONの一眼レフを所有しています。ただ、一眼レフは持ち運ぶのに重いので、ちょっと持ち歩きたいときに不便でした。まず、それをカバーするようなサブ機が欲しいと思ったことから始まりました。 そこで、

  • カバンに入れて持ち運べる。
  • 気軽にスナップ写真が取れる。
  • 画質がそこそこ良い。
  • ミラーレスだけど、レンズの付け替えはあまりしたくない。
  • 良いレンズが揃っているメーカーがよい。
  • 暗い場所でもそれなりに写真が撮れる。
  • 値段がそれほど高くない。

をバランスよく取り入れていたのが、Lumix GX1の電動ズームキットでした。正直言って、本当に買ってよかったです。一眼レフの出番はほぼ無くなりました。
と言うわけで紹介して行きたいと思います。

LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 レンズ一本ですべて賄える!

このレンズ、本当に優秀だと思います。単焦点レンズと比べればやはり多少画質が落ちますが、14-42mmまでカバーするので、スナップでは全くレンズを付け替える必要性がないです。

そしてこれの一番の売りは、パンケーキレンズなみの小ささです。撮影するときはかなり大きくなりますが、持ち運びの時には、パンケーキレンズ並の大きさなので、かさばらなくてよいです。これはかなり重要ポイントだと思います。

画質、恐るべし!

やはり、一眼レフカメラと比べてしまうと差がでますが、コンパクトカメラと比べれば、かなり画質が良いです。傾向としては、少し柔らかめに撮れるように感じます。 パリッ!ビシッ!っていう感じではないです。レンズでシグマとタムロンとの傾向で言うとタムロン寄りではないでしょうか。

あと、パナソニックのカメラは傾向として、少し暗めに映るように感じます。私はいつも露出を+1あたりで撮るようにしてます。サンプル写真をのせときますので、御覧ください。

写真

_1030836

_1030882

_1030845

_1030895

_1030877

_1030751 2

_1020118

_1020117

_1010665

_1030797

男くさいデザイン!

全体的にクラシックなカメラのような雰囲気がボディにあるけれど、ところどころに赤をつかって、クラシカルより今風に仕上げた感じが感じられます。ボディが黒色のものは、男性はかなり好みなのではないでしょうか。私自身、好きなデザインです。

使いやすいダイヤル、持ちやすいグリッドで満足度高し!

手の大きさにもよりますが、私自身は手にしっかりフィットするグリッドに満足です。また、ダイヤルも回しやすく、使いやすい位置にあってよく設計できていると思います。

不満なところは?

  • 液晶のタッチ感度に違和感
  • F値変更と露出変更のダイヤルが一緒

液晶画面がタッチパネルになっているのですが、スマフォみたいに感度がよくないです。液晶が感圧式のため、指で触る場合は少し強めに押さないと反応してくれません。爪で触ると反応しやすいです。

F値と露出のダイヤルが一緒のためにF値を変更しようとした時に露出を変更してしまったりしてしまいます。F値と露出の変更にダイヤルの真ん中を押すのですが、ダイヤルを回してる時に押してしまって誤って変更してるときがあります。瞬時に変更して写真が撮りたいときは致命的です。

コスパ最高!もはや底値!?

現在、電動ズームキットが35,000円とかなり激安です。電動ズームレンズ単体で買うと30,000円ぐらいなので、かなりお得な気がします。GX2の発売が噂されているので、底値近くなのかも知れません。このカメラの発売日が2011年11月だったので、もうそろそろ新しいのがでてもおかしくないと思います。ただ、正直GX1でかなり満足しているので、買い換える気が全くないです。それぐらい完成形に近いんじゃないかと思います。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX1 レンズキット 電動ズームレンズ付属 エスプリブラック DMC-GX1X-K
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る