今回、紹介・レビューするのは、エッティンガー『ロイヤルコレクション』というシリーズの「キーケース」です。

ロイヤルコレクションシリーズは、アクセントカラーとして「落ち着きのある紫色」を使用した上品なコレクションです。

この「落ち着きのある紫色」は、イギリスの王室のカラーとなっていて「ロイヤルパープル」と呼ばれています。

買おうと思った理由は?

主に下記の理由にキーケースを探していました。

  • スマホなどと一緒にカバンやポケットに入れるので、スマホなどが傷つかないようなキーケースが欲しい
  • 何年も使えるようなデザイン、耐久性のあるものがほしい
  • なるべくキーケースは、小さいものがほしい
  • 人となるべく被らないもの
  • キーケースの「汚れが目立たない」ようなものがよい

品のあるデザイン、耐久性も良いものとして「エッティンガー」にたどり着いて、「ロイヤルパープル」の「ロイヤルコレクション」が気に入ってしまいました。

エッティンガー ロイヤルコレクションにした理由

「エッティンガー」とうブランドは、正直あまり知りませんでしたが、伊勢丹や三越に置いてあったのでなんとなく「良いブランド」というイメージがありました。そして、極めつけはロイヤル・ワラント(英国王室御用達)を授かっていると言うことで、かなり興味を持ちました。

そして、エッティンガーを選んだ最大の理由は、アクセントカラーが綺麗な色の物が多く、大胆なデザインだが洗練されているイメージが強く残ったからです。デザイン、色、エッティンガーのマークも気品があって自分好みのものでした。

色々と探していると、ブライドルレザーでアクセントカラーが「黄色」のものを見つけて、ロイヤルコレクションと迷いました。

ブライドルレザーもかなり魅力的でしたが、結構乱雑に扱う可能性が多いので…「傷が目立つ可能性があるかな…」と思ってしまったのと、中が明るめの黄色なので、汚れが目立ちやすいのかなと思いました。なので、ちょっと暗めの落ち着いた紫色のロイヤルコレクションに落ち着きました。

どんな感じ?

エッティンガーといえば、外側にブライドルレザーを使うことが多いのですが、このロイヤルコレクションには、カーフを使っています。

革にあまり詳しくないのですが、触り心地はすべすべしていて、滑らかです。また、光に当てるとラメみたいにキラキラと光ります。(光ってるように見えるという表現のほうがあっているかも)ラメみたいにギラギラしてるわけではなく、上品な感じですかね。

_1030957
写真だと分かりにくいが、光に当たると、もう少しキラキラした感じになる。

中面はパープルで構成されています。パーブルの色も本当に上品なので、かなり気に入っています。

また、金具部分は普通のモデル(ブライドルレザーx中面が黄色)はゴールドですが、ロイヤルコレクションはシルバーです。ロゴも型押しではなく、シルバーになっています。

全体的に、上品に仕上がっています。

縫製も綺麗!

ネットで情報収集していた時に、「エッティンガーは裁縫が甘い!」と書かれていたので、すこし不安を感じましたが、実際は全くそんなことなく、すごく綺麗でした。

わたし自身、革製品でGANZOの財布を使っていますが、GANZOの作りのすばらしさは、確かに素人のわたしでも感じましたしGANZOほどではないにしても、エッティンガーも誰が見ても綺麗だなと感じると思います。もしかしたら、個体差があるのかも知れません。

ちょっと残念なフック部分

このキーケースで不満点をあげるなら、鍵を付ける金具が「ちゃっちい」感じがします。鍵自体がフックから外れて、落ちる心配はなさそうなのですが、ちょっと気品がないというか…もう少し作りの良いフックだと良いなと感じます。

_1030941
フック部分が、ちゃっちい気が…

写真

_1030937
左側はポケットになっている。

_1030940

_1030933

_1030935

_1030934
縫製も綺麗です。

_1030949

_1030942

まとめ

エッティンガーは、上品に使いたい人に向いているのかなと感じます。気品を感じることのできるロイヤルコレクションは、特にオススメです。

伊勢丹や、ビームスEXなどにも置いてあるのを見たことがあるので、誰とも被らないわけではないと思いますが所有欲が、かなり満たされる逸品だと思います。

ETTINGER エッティンガー キーケース ロイヤルコレクション メンズ PP 840AJR BLACK ブラック
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る