イーモバイルの『pockt Wi-Fi LTE GL06P』にドコモ系MVNOの『OCN モバイル ONE』を使ってみました。その時のAPN設定で少しハマりました。その際のお話を少し書き記しておきます。そして、それに伴って周波数(Band)の話も少し交えてみたいと思います。特にLTE回線がどうなのか気になりますよね!

『GL06P』で、MVNOのSIMを使用すると快適に電波が入ります。この機種は、LTEの電波も掴むのですが、まずdocomoとe-mobileの周波数を一度まとめてみました。

docomoの3G回線、LTE回線のバンドをまとめてみた!

Xi(LTE)

  • Band1 (2100MHz)
  • Band3 (1800MHz) ※2013年10月提供開始
  • Band19 (800MHz)
  • Band21 (1500MHz)
  • Band28 (700MHz) ※予定

FOMA

  • Band1 (2100MHz)
  • Band6 (800MHz)
  • Band9 (1700MHz) ※東名阪エリアのみ

GL06P対応の周波数(バンド)をまとめてみた!

Xi(LTE)

  • Band3 (1800MHz)

3G

  • Band1 (2100MHz)
  • Band9 (1700MHz)

比較してみると

「3G回線」のBand1、Band9がお互いにあるので、3Gでは確実に繋がることになります。

ただ、docomoのBand6(800MHz)が対応していません。これは、FOMAプラスエリアというサービスエリアで、山間部や都市部とその周辺部での補完目的でも使われているみたいです。このBand6が対応していないので、「電波が繋がらないのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、実際にGL06Pで使用していて、Band6が対応していなくても不便を感じることは全くありません。

そして、今後に期待したいのがLTEのBand3です。

2013年10月提供開始予定でdocomoが提供開始したら、LTEでの通信が理論上できることになります。試験運用開始しているので、後日試してみたいと思っています。

【追記】
『GL06P』でLTE接続(Band3)できることが確認できました。しかし、エリアが狭いですね…

設定でハマッた…

なぜ、LTEのBandの話をしたかというと、OCN モバイル ONEは、APN設定に3G端末用と、LTE端末用があるからです。

この『GL06P』は、LTE接続(Band3)ができるとはいえ、まだdocomoのBand3が試験中(2013年8月現在)の段階だったため、3Gのみでしか接続できません。なので、『GL06P』は3G専用端末だと思い込んでいました。

OCN モバイル ONEの場合、APNの設定は下記の2つです。

  • LTE端末用:ltd-d.ocn.ne.jp
  • 3G端末用:3g-d-2.ocn.ne.jp

そこで、APN設定に3G端末用の方を入力して設定しましたが、うまく繋がらず手こずってました。
1時間位悩んで、「もしかしたらLTE専用の方?」と思いLTE端末用のAPNで試してみたら、あっさりと繋がりました。

情報を集めていたら、3G回線のAPNで繋がっている方がいたので、確実に3Gの方のAPNだと思っていたのですが…
なので、3G端末用繋がらない時は、LTE端末用APNで試してみることオススメします!

海外ではどうなの?

SIMフリーなので、海外のMVNOのSIMとBandが一致していたら、接続できると思いますがLTEでは接続できないとの情報がチラホラとありました。なので、海外では3G回線のみですね。少し残念です。

速度テストをしてみた

2013-08-31 00.42.38
GL06PにSIMを挿し、3G接続の状態でかなり速度が出ていて快適です。スマホで使うには、3Mbpsぐらいの速度が出ているとストレスなく見れるので、非常に満足です。(速度は場所によって違うので目安程度だと思ってください。)

以上、レポートでした。

EMOBILE GL06P シルバー Pocket Wi-Fi LTE 白ロム NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る