今回、紹介・レビューするのは、ASUSから発売されている10.1インチのタブレットPC『TransBook T100TA』です。

『TransBook T100TA』が発売されたのは2013年11月2日と、すでに4ヶ月程経っていますが、ずっと在庫切れ状態になるほどの人気商品です。

今までノートPCは13インチを使っていたのですが、ちょっと持ち歩いてブログの更新や、ネットサーフィン、メールの確認など簡易的な作業をするPCがほしいと思っていました。AndoridタブレットやiPadでも良いのですが、やはりタブレットにはできない作業があったりします。そこで、評判の良かったこの『TransBook T100TA』を購入してみました。結果「非常に満足」な買い物でした!

スペック一覧

4つのモデルが発売されていますが、まずは、どのモデルでも共通する部分だけを見ていきましょう!

  • OS:Windows 8.1 32bit
  • CPU:Atom Z3740
  • CPUクロック数:1.33GHz/最大1.86GHz
  • CPUコア数:4
  • GPU:Intel HD Graphics(第7世代)
  • メモリ:2GB
  • 画面解像度:1366×768
  • 液晶サイズ:10.1 インチ
  • 液晶タイプ:IPS
  • タッチパネル:静電容量式・5点マルチタッチ・タッチスクリーン
  • SDスロット:あり
  • USB3.0:1(キーボード側)
  • microUSB:1(本体側)
  • microHDMI:1(本体側)
  • Bluetooth:4.0
  • Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n
  • カメラ画像数:126万画素
  • サウンド:ステレオ
  • 幅x高さx奥行:263 x 10.5 x 171mm

ストレージの容量、officeの有無、価格については、各モデルによって違うので後述します。

重さを測ってみた!

測定画面
586gとASUS公表の約550gより重かった…しかし、持った時は見た目より軽く感じるし、中身が入ってないかのような軽さを感じた。

キーボードの重さを測定
535gと本体と同じぐらいの重さがある。

T100TA全体重量の測定
全体で約1.12kgとULTRABOOKと比べると標準ぐらい。

重量に関しては、「標準的な重さ」だと思いました。ただ、タブレットとして使うのには、2013年11月発売にしたものにしては、重い方なのかなとも思います。

思ったほど見開きしないヒンジ部分

キーボードと本体を繋げるヒンジ部分のMAXの角度がそれ程ありません。MAXで約125度でした。角度がもう少し開けばと思います。(MacBookの場合145度まで開いた)

ヒンジ部分のMAXの角度を比較
MacBookと比べてみた。共に最大まで開いた時の画像で、このPCの方が、少し開く角度が狭いのが分かる。

わたしの場合は、角度がもう少し欲しい状態で、そうしないと少し見づらいと感じています。座高が高い人は、画面の上から見下ろす形になってしまいます(画面と目線が垂直にならない)。IPS液晶なので、視野角度によるムラは感じないが、画面と目線の角度があまりしっくりこない状態です。

横からの画像

この状態が画面を最大まで開いている状態です。やっぱり角度が少し足りないですよね。あとプラス10度ぐらい開くようにして欲しかったと思いました。身長175cmの胴長のわたしで、そう感じました。

しかし、ヒンジ部分が机との接触部分となり、キーボードが斜めになります。これは打ちやすくなってグッド!しかし、このキーボード部分の斜めになることが、画面の角度を無くす要因にもなっています。キーボードが机に対して垂直になれば、画面が丁度良い角度になるんだけど…

下にスポンジを置いてみた
下にクッションを置くと、画面の角度が丁度良い感じになった(笑)

ストレージの速さは?

ストレージは「eMMC」を採用です。これはSSDより「転送速度が遅いけど、消費電力が少ない」という特徴があります。そして「書き込み速度よりも、読み込み速度が速い」のも特徴の1つです。

T100TA-14
このPCの「CrystalDiskMark」でのベンチ結果。読み込みの速さが際立っている。

g500-cystaldiskmark
『lenovo G500』の「CrystalDiskMark」のベンチ結果。比べてみると『TransBook T100TA』の方が読み込み速度が速いことがよく分かる。

タブレットPCとしては標準的な速さですね。使っていて遅いと感じることは全くないです。「起動の早さ」など色々な場面で、早く感じることの方が多いです。

T100TA-19
ストレージはHynix製でした。SanDiskの人もいるみたい。

ストレージが32GBでは足りない可能性が大きい

これは、個人的にわたしの判断ミスなのですが…
ストレージ(eMMC)が32GBのものを購入しようと考えている人は必見です。

32GBのストレージの場合は、使える領域が約18GBとなっています。そこからWindows8のシステム(アップデートも含む)などで容量を食い、officeなどを基本アプリケーションをインストールしたところ、空き容量が「8GB」ぐらいになっていました。

8GBあれば良いと思っていたんですが、Dropboxと動機すると容量が足らず…SDを大容量のものをつければよいのですが、やっぱりもう少しストレージに余裕を持たせたほうが良かったなと思いました。今後もWindowsアップデートなどで必然と容量は食っていきますしね…個人的なかんそうですが、ストレージは64GBの方が良さそうです。

キーボードと本体を接続している時は、開けにくい

PCを開けるときに、開けにくい点も残念ポイント。取っ掛かりがないので、無理やり開けるような開き方になります。何か開きやすい用に工夫して欲しかったのが本音です。

Windows 8のアプリが少なすぎる…

『TransBook T100TA』の事ではないのですが、Windowsのアプリが全く使えそうなものがなく、種類も少ないのが残念です。個人的には、タブレットとして使うことはめったに無いだろうなと。

ここまでで

ここまで、あまり良くなかった点を述べてみました。ここから先は、良かった点を記述していきたいと思います。

やはりキーボードがあった方が、快適にWindowsを使える!

キーボード付きなのが特徴でもある『TransBook T100TA』ですが、キーボードが意外と使いやすいのが良かったです。少し小さいので「誤タッチが多いかな」と思っていましたが、意外と間違えずに打てます。キーの打ち心地も悪くなく、ブログの文章なども快適に書くことができました。


キーピッチも10.1インチにしては、押しやすくなっている。タッチ感も良好。

CPU:Atom Z3740について

個人的にですが、Atomがものすごく遅いイメージ(数年前のネットブックのイメージ)だったので「ちゃんと使えるのか?」と非常に不安でした。
しかし、

「めちゃ快適!」です。

最近のAtomは、スゴイ進化を感じます。IEなどのブラウザで、タブを20個ぐらい開くと、たまにモタつく時がありますが、実用範囲内です。

「こりゃ、評判がいい訳だな」と感じました。

フルHDの動画再生も滑らか

YouTubeなどで、FullHDの動画を全面表示で再生してみましたが、重いと感じることはなくスムーズに再生しました。Atomって動画がカクつくイメージだったので、GPUもすごく進化しているのではないでしょうか。

メモリ2GBも不安だったけど…

こちらも不安事項でしたが、問題なく2GBで快適です。使うソフトにもよりますが、「Chorme」「IE」「Evernote」「office 2013」などは基本的なアプリは、余裕で動きます。グラフィックソフトや3Dゲームなどをしなければ問題ないかと。

IPSディスプレイが綺麗

画面解像度が1366×768と標準的な大きさですが、液晶が綺麗に見えます。IPSディスプレイなので、視野角度によるムラなども殆ど無く「非常に見やすい」&「発色が綺麗なディスプレイ」です。

画面が綺麗

キーボード部分にUSB3.0が1つ付いている

キーボード部分にUSB3.0が付いているので、使い勝手は良いです。本体部分には、microUSBが付いています。本体にUSBを付けて欲しかったと言う声をよく見かけますが、サブPCに「何故そんなにUSBが必要なのか?」と思ったり…キーボードを使わずにタブレットとして使う人が多いのかな?

駆動時間が半端ない!

それにしても、駆動時間がかなり長いです。『TransBook T100TA』を購入する決め手になった理由もこれです。使ってみて本当に持ちが良いです。今まではノートPCを4時間(公表で7時間駆動)ぐらい使用していると電池切れを起こしていましたが、こいつは、10時間以上は余裕で持ちそうな勢いです。

外出先で作業したりしても、1日は電池持ちすると感じました。

TransBook T100TAを買って思ったこと

WindowsタブレットPCは、10インチの画面が必要だと感じます。最近は8インチのタブレットPCが流行っていますが、OSがWindowsの場合は、8インチでは画面が小さすぎる(Androidだと8インチは凄く使いやすいですが)と思いました。

また、アプリの種類が少なすぎて「Windowsタブレットとして使う気になれない!」とかなり感じます。なので、デスクトップ表示にして、デスクトップのソフトを使っていますが、そうするとやはりサイズは10インチ以上ほしいと感じます。

『TransBook T100TA』はそれを満たしていて、使い勝手が良いと本当に思います。

写真

箱

色が紫色に近い
色はグレーとなっているが、全体的に紫がかった色になっている。質感は良い。

インターフェイスの確認画像本体側の左からWindowsボタン、ボリュームボタン。キーボード側は、USB3.0ポート。

インターフェイスの確認画像1
左から、MicroSDスロット、microUSBポート、microHDMIポート、ヘッドホン出力・マイク入力コンボジャックとなっている。

ヒンジ
ヒンジ部分の出っ張りがある。

電源
電源は、microUSBでの接続。これは便利。

各モデルによる違い

では、各モデルによるスペックの違いを比較しながら見てみましょう!

T100TA-DK32G T100TA-DK532G T100TA-DK564G H100TA-DK004HS
Amazon限定
eMMC(ストレージ) 32GB 32GB 64GB 64GB
HDD なし 500GB 500GB なし
office なし Home and Business 2013 なし Home and Business 2013
備考 ASUS 10インチ タブレット 汎用スリーブ(型番 : 90XB001P-BSL0A0)が付属。
参考価格(税込)
*税が5%の時の価格
44,800円
(家電量販店でポイント10%が多い)
59,800円
(家電量販店でポイント10%が多い)
54,800円
(家電量販店でポイント10%が多い)
52,020円(Amazonでの価格)

どのモデルを買うのがよいのか?

一番コスパが良く感じるのは、Amazon限定の『H100TA-DK004HS』です。ストレージが64GBとバランスの良い容量、office付き、そして汎用スリーブカバーがついてきます。このカバーは約3,000円ほどで売られていて、キーボードも収納可能です。お得感ありますよね!

「ストレージが64GB」「office付き」「カバー付き」で約52,000円ですよ。

安すぎませんか?と。

『T100TA-DK32G』と比べても約12,000円差なので、『H100TA-DK004HS』のほうがコスパがいいのが分かりますね!。

安くあげたいのであれば『T100TA-DK32G』ですが、コスパは断然Amazon限定モデル『H100TA-DK004HS』って事です。わたしは、『T100TA-DK32G』を買いましたが、その時にAmazon限定モデル『H100TA-DK004HS』があるのを知りませんでした。『H100TA-DK004HS』を知っていれば、間違いなく買っていました。(ちょっと悔しい!)

あまりにも安いので、

「安かろう悪かろうだろ!」

と思う人もいるかもしれませんが、そんなこと全くありません。むしろ、「こんなに安くていいの?」と感動するぐらいの良さです。ネット上でもかなり評判が良いのですが、使ってみてよくその理由が分かります。

話が変わりますが、大容量のストレージモデルは『T100TA-DK532G』『T100TA-DK564G』ですが、落とし穴があります。

HDD付きのモデルは、キーボードを装着して(キーボード部分にHDDがある)使用すると、駆動時間が大幅に減ります。タブレット+キーボードドックで約7.6時間です。約半分ですね。それでも7時間とのことなので、バッテリー切れは起こしにくそうなイメージですが、駆動時間が長いに越したことはありませんよね。この2つのモデルを買おうと思っている人は、気をつけて下さい。

なので結論として、個人的におすすめしたいのは『H100TA-DK004HS』です。わたしは、『T100TA-DK32G』を買いましたが、これでも満足度が非常に高いので『H100TA-DK004HS』であれば、もっと満足できるのは確実です。

まとめ

評判通り『TransBook T100TA』の良さに納得です。個人的にも「売れるだろうな」と思いました。Amazonでは、在庫切れが続いていたりとかなり売れているんではないでしょうか(在庫が復活した途端に売り切れました…すごい人気ですね)。

この機種をメインとして使う人は、ほとんどいないと思いますが、サブノートまたはタブレットとしての利用価値は非常に高く、スペックも十分です。使ってみて、本当に価格と『TransBook T100TA』のパフォーマンスのバランスが良い!「買って本当に良かった」と思える「WindowsタブレットPC」でした!

【追記】

Amazonで【4000台限定】インテルCPU搭載 Windowsタブレットが クーポンで2000円OFFのキャンペーンを実施中です。2014年6月30日(月)23時59分までで、先着4,000名様が2,000円オフになります。

クーポンコード:AZWINTAB

どのモデルも対象です。マーケットプレイスからの購入は対象外なので、ご注意を!販売、発送が「Amazon.co.jp」のものに限ります。

個人的にオススメのAmazon限定モデル『H100TA-DK004HS』は51,506円です。安い!

【Amazon.co.jp限定】 ASUS NB / gray ( WIN8.1 32bit / 10.1 inch touch / Z3740 / 2G / 64G / Home&Biz 2013 / スリーブ付属 ) H100TA-DK004HS ASUS T100TAシリーズ NB / gray ( WIN8.1 32bit / 10.1inch HD touch / Z3740 / 2G / 32G / JISキーボード ) T100TA-DK32G
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る