今回、紹介・レビューするのは、BOSEから発売されている『SoundLink Mini』Bluetooth スピーカーです。

スマートフォンで音楽を聴くためスピーカーで、Bluetooth接続でき、尚且つ音質が良いスピーカーを求めてたところ、これにたどり着きました!

第一インプレッション!

「うぉー!かっけぇぇぇぇー!」

テンション上がりました!これは、写真で見ているよりも「質感」を感じたほうが良く見えます!Apple製品を初めて開封するようなワクワク感ドキドキ感があります。

正直かなりビックリです。ここまで良いとは思っていなかった事もあり、「デザイン」「質感」共に申し分ないできの良さです。この時点で「買ってよかった」と感じてしまいました(笑)

ボディが予想通り「小さい!」

みなさんがこの商品に興味を持った理由は「コンパクトな筐体(ボディ)」という理由もあるんじゃないでしょうか?わたしもそうでした。コンパクトで場所を取らないもの。まさにその通り、場所を取らない大きさですね。

soundlink_mini_0
iPhone5との比較。小さいでしょ!

soundlink_mini_5
奥行きは、丁度iPhone5と感じ大きさ。

見た目以上の重さ!

ただ、手にとった瞬間、

「重っ!なにこれ!?」

正直びっくりです。二度目のビックリはある意味(悪い意味で)、期待を裏切りました。
本音を言うと、

「外に持ち歩く気はない!!」

見た目からして、想像を遥かに超えた重量があります。重量が655g。う〜ん…もっともっと重く感じます。『SoundLink Mini』というネーミングのように、本体はMiniですが、重量は全然です!見た目だけがMiniですね。

わたしは、「外に持ち出す気にはならないな…」と感じました。外で使う用途であれば「軽いこと」が条件としてあるはずです。何時間も持ち歩くのをちょっと躊躇します…室内だけでの使用であれば気にならないし、高級感があって良いのですが。

逆に、「重い」のを良い方向で捉えると、質感が増し「ずっしりくる高級感!」っていう感じでしょうか。Apple製品のような高級感が漂います。

また、大音量による振動で、本体が揺れて一人歩き(振動によって動く)ことがないのは利点です。意外とBluetoothスピーカーは、振動によって動いてしまうことが多いんですよね…そのような点では重量に対してのメリットです。

soundlink_mini_4
底面の接地部分はゴムになっていて、一人歩き防止をゴムでもしっかりとしている。

操作ボタンはどう?

非常に簡素なインターフェイスで、誰が使っても迷うことはないと思います。

ボタンも押しやすく、音量の「プラスボタン」「マイナスボタン」は、少し出っ張っている形になっているので、触っただけで音量ボタンが分かるようになっています。これは素晴らしい配慮ですね。かなり良いUI(ユーザーインターフェース)設計です。

soundlink_mini_1
音量の「プラスボタン」「マイナスボタン」部分が盛り上がっているのが分かる。

また、有線接続が可能です。しかし、配線を挿した際に自動でAUX接続に切り替えてくれません。自動で切り替えれたらよかったかなと思います。まあ、Bluetoothスピーカーを配線で繋ぐ人は稀なので、そこまでの機能は要らないとも思いますが。

クレードルに乗せるだけで充電開始。素晴らしい!

このクレードルの発想が素晴らしい!よく考えられていると感じます。非常に便利で簡単!充電する際に、いちいちACアダプタを繋ぐ必要がないのです。充電するには、クレードルに「置くだけ」。面倒くさい作業とはお別れです。

BOSEがモノづくりがすごく上手いと感じます。

バッテリーが非常に持つ。これ大事!

バッテリーの持ちが「非常に」いいのもポータブルスピーカーの中で利点となります。充電していない状態で使用してみると、7~8時間ぐらいは平気で使えています。ポータブルスピーカーは、3~4時間ぐらいでバッテリー切れてしまう商品が多いので、バッテリーの持ちの良さだけでも、買う価値がある商品ですね。家の中での使用でも、ちょっと場所を動かしたいときとかに良いですね。

プロダクト商品としての評価は?

まず、音質は評価に含まずに、ここまででの評価です。わたしは「買う価値あり」だと思います。非常に好感度の方が上回ります。逆に、デメリットと思われる部分が見つからないぐらいです。(重量が重いのがデメリットと思う人もいると思いますが…)使い勝手の良さ、プロダクトの魅力等、非常にできが良いと感じました。

さて、ここからが本題です。音質について評価していきましょう!

ド迫力の低音。「スゴイ!」の一言!

音に関しては素人より少し詳しいぐらいのわたしですが、一言で表すと「ド迫力!」

決して「キレのある低音」ではなく、「迫力満点で、ノリの良い低音」が鳴ります。「ドスドスドンドン」という音より、多少柔らか目の音、「ドコドコ」としたような表現が合っています。普段フラット寄りのスピーカーなどで音楽を楽しんでいる人たちからみれば、曇って聴こえるといえば曇っていると思いますが、それよりも全体のバランスがよくて、聴きやすい&心地よい低音になっていると思います。

低音大好きのわたしも「とても心地よく感じる音」だと思いました。その半面、音質に解像度の高さを求めている人は、好みの低音ではないと感じます。

ビックリするぐらいの音量が出る!

この小さい筐体から、どうしたらこんなに大きな音が出せるのか?と疑問に思うぐらいの音量がでます。20平米ぐらいのリビングであれば、大迫力の音で聴けます。

そして他のBluetoothスピーカーと比べて、音割れが全然ありません。ただ、音量を上げるに従って多少音質が悪くなるかなと感じます。

音量を下げると低音が出すぎて、聴きにくいのかなと思っていましたが、音量を下げても非常に聴きやすい音です。普通低音がガンガン出すぎる傾向にあると思いますが、『SoundLink Mini』では、音量と共に低音を調整しているかのように感じました。

置く位置によっても音が変わる!

後ろが壁など、音が跳ね返りやすい所&自分の目線の高さに置くと、音が綺麗に感じます。音に厚みが出る感じでしょうか。説明書にも置く場所によって音質が変わると書いてありました。本当に置く場所によってものすごく変わる商品だと感じます。

全体の音はどう?

全体的に音の解像度は高くなく、「一体感のあるノリの良い音」です。『SoundLink Mini』は、BOSEの音を求める人には、ピッタリの商品です。低域が非常に前に出てくるので多少中高域が押されますが、中高域もなかなかクリアで、まとまり感があります。ピアノの音なども綺麗に出ていると感じました。

「ポップス」「エレクトロ」「ロック」「ハウス」「R&B」などは、聴いていて心地良いと思います。
逆に苦手かなと思うのは、「JAZZ」「クラシック」など、原音の音を忠実に求めてるような音楽だと思いました。

個人的に全体での音の評価は、満足度が高いです。Bluetoothスピーカーでは、最高音質と言って良いと思います。

SoundLink Miniの写真を見てみる!

soundlink_mini_6
箱もオシャレ!

soundlink_mini_3
AUX接続と電源接続の端子がある。電源をクレードルに設置しなくても直差しで充電できる。

soundlink_mini_7
底面のゴム部分を外してみた。

どんな人に『SoundLink Mini』がオススメ?どんな人に合わない?

『SoundLink Mini』は、BOSEらしい音(低域重視)を求めてる人は買いです。まず、この小さな本体から出てくる音に、ビックリすることでしょう。

音楽に高い解像度、分解力を求めてる人には不向きです。わたし自身も分解力が高いスピーカーも所有していますが、基本的に聞く音楽のジャンルが違います。

まとめ

細かい所をよく作りこんでいて、ユーザーの視点に立ったプロダクトづくりをしていると思います。Bluetoothスピーカーに多い問題点の「バッテリー持ちの短さ」「振動による一人歩き(勝手 に本体が動くこと)」などはありません。

価格が22,890円とBluetoothスピーカーにしては高級商品になりますが、この商品自体の出来具合が良いので、むしろ「こんなに安くてよいのか…」と思ってしまうぐらい。

今回、『SoundLink Mini』には本当に驚かさたし、非常に良い商品です。プロダクトとして、「音質」「質感」「使い勝手」も非常に良く、所有欲が満たされ満足度が高いです。「本当に買って損なし」ってこうゆう事を言うんだなと思ったくらいでした。

BOSE SoundLink Mini Bluetooth speaker
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る